identity V

[identity V攻略] 復讐者の立ち回りと解説 おすすめ内在人格と補助特質 [第五人格]

更新日:

復讐者の基本的な情報

復讐者基本スキル
・パペットを使って機動力のある立ち回りができる
・実質どこでもキャンプができる
・怨みの炎によりオートで動く分身を作成
・パペットの近くの敵を索敵、表示

怨魂業火

サバイバーから気絶攻撃を受ける、暗号機が解読されると恨みの火を貯めることができる。マックス3まで。恨みの火が貯まってからアイコンをタップすると、もらい火スキルを発動することができ、もう一体分身を出せる。
【もらい火】
約20秒間、復讐者の分身である影を召喚できる。分身はサバイバーの索敵と攻撃を自動で行うが、自動故、視界に入っていないサバイバーは認識できない。パペットに恨みの火アイコンを長押し&スライドすることで、パペットにもサバイバーを索敵・攻撃させることができる。暗号機を巡回してくれる。ただし、もらい火を受けたパペットと位置交換を行うと魂は消える。

復讐者の基本的な戦い方は、まず前半怨みの炎をためましょう。サバイバーを追跡していれば自然に溜まっていきます。復讐者は前半の立ち上がりが非常に遅いため、板を食らいながらでも、サバイバーを2発殴って、まずはパペットを1体使えるようにするのが大事です。

タコ同様足が遅いため、スキルを開放しないと全然強くないので、復讐者はスキル解放が何より大事になってきます。スキル解放されてからは、分身やパペットをうまく使ってサバイバーを挟み撃ちにする戦い方が基本になります。

存在感が2段階解放されると、パペットが2体つかえるようになります。さらに怨みの火があればパペットに移してパペットを動かすことができます。自動でサバイバーを索敵、攻撃してくれます。パペットは投げることもできるので、うまくサバイバーのいるところに落ちればサバイバーを追い詰めることができます。

パペットと違い、分身のほうは20秒で消えるものの、サバイバーに壊されることがないので、サバイバーにとっては逃げるしかありません。しかし分身は出してから動き出すまで5秒ほどかかるため、サバイバーの動きを先読みして出す必要があります。キャンプの際に使うと強力なので、キャンプで使うと無駄になることは少ないです。

パペットは怨みの火をいれると無制限で動いてくれますが、サバイバーは解除することができるのが弱点となります。パペットはどの位置に置いていても自動で動かせるので遠距離からでもサバイバーが近づいた瞬間動かすなどのテクニックもあります。

復讐者の裏技と小技

復讐者は前半の立ち上がりが遅い分、後半は非常に強いです。復讐者で勝てるようになるにはパペット投げ、ゲート解放後のパペットの使い方が重要になります。

空中落下攻撃??

パペット投げの精度を上げることが勝率を上げるといっても過言ではありません。パペットを投げ、パペットが空中にいる段階で位置交換することで、復讐者は空中からの落下攻撃を行うことができます。落下攻撃は硬直がないため、うまくサバイバーの頭上にパペットを投げることが成功すれば、サバイバーの不意を突くことができます。解読中であれば、恐怖の一撃になるのでおいしいです。

赤パペットと位置交換の際に攻撃ボタンを押すことで移動しながら殴れる

これは中国のランカーがやっていたテクニックなのですが、赤パペットと位置交換する際、サバイバーを殴ってから位置交換できます。かなり練習が必要ですが、殴って移動できるので便利です。赤パペットが近くにいる場合に限り、位置交換と殴るを同時に行えます。言葉ではわかりにくいと思うので動画みたほうがわかりやすいですね。すいません。

ゲート解放後はパペットをゲート前に設置しよう

復讐者はスキル2段階解放しているのが前提になりますが、ゲート通電後も強いキャラです。復讐者は通電前にゲート前にパペットを置いておくことにより、サバイバーはゲートに行けなくすることができます。

位置交換の前にパペットを触られると、位置交換できないので、サバイバーがぎりぎりまで近づいてから位置交換する立ち回りが必要になってきます。残りの人数にもよりますが3人でも十分全吊りを狙えるのが復讐者の後半の強さです。

残り4人だとかなり厳しいですが、瞬間移動を付けてくるとゲート前に合計3往復できます。パペットは連続で位置交換はできませんので、サバイバーの動きを先読みしていかんければなりません。サバイバーにしてみるとゲートからゲートまでは移動距離が長いため中々ゲート開けなくすることができます。

おすすめの内在人格と補助特質は?



復讐者のおすすめは左下ですね。復讐者はスキル解放できないと強みを発揮できないため、傲慢でスキル解放のペースを速めます。さらに引き留めるによってゲート通電後120秒間一撃でサバイバーを仕留められるため、復讐者と非常に相性がいいです。

復讐者は足が遅いため、獲物を追うをつけることでサバイバーと距離を詰めるのが楽になります。復讐者使いの大半の方がこの構成にしています。

補助特質はどれにするべきか?

復讐者と相性が最も良い。サバイバーに触られているパペットにも飛ぶことができるため、パペットが壊されることを防げる。ゲート通電後もパペットとのコンボで通せんぼができますし、さらにパペットを置いてキャンプしつつほかの暗号機の邪魔をしに行けるので、復讐者を使うならこれだろう。
もし軍需工場が選択された場合に限り、異常もありだと思います。軍需工場は暗号機の距離が近いため、パペットに巡回させつつ、異常で暗号機を守ると、試合時間は長引きますが、かなり手堅い戦いができます。
復讐者で聖心病院に当たってしまった場合、このスキルを付けていかないと、戦うのがしんどくなります。瞬間移動と悩むところですが、相手がチェイスパならこれを選ぶのもありだと思います。

まとめ 復讐者はBランク

通電後が最強ではあるが、前半もたつくと弱いので、Bランクです。でも私はタコと同じぐらい使用率が高いです。

-identity V

Copyright© gamedevil , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.